認印とは? 印鑑あれこれ

認印とはよく耳にしますが、一体どんなものなのでしょうか?

印鑑にも色んな種類がありますね。
認印、実印、シャチハタ、会社認印、銀行印
などなど意外とたくさんあります。

まずは基本的な印章について調べてみました。


●印章とは?

印章(いんしょう、英:seal または stamp )とは、紙または物品の表面に対して、特定の事実の証明に供することを目的に、文字もしくは模様を印す道具のこと。

材質は、木材・水晶・金属のほか動物の角・牙が多く用いられ、これらの素材を印材とよぶ。印材の特定の面に、希望する印影の対称となる彫刻を施し、その面にインク(朱肉・印泥)を付け、対象物に押し付けることで、特有の痕跡を示すことができる。この痕跡を「印影」と呼びます。

印影(印面)には、一般的に文字が使用され、特に篆書体が用いられる。偽造を難しくしたり風水などの運勢に関連付けたりするため、印字には独特のデザインが施されていることが多いです。偽造防止のため、日常生活でも自作の印を使う人も存在します。

各種契約の際において、印章の持参は本人であることの証明(または権利者の代理人)とみなされます。また、その印章を用い、記名した箇所に押印(捺印)することで、契約を締結した意思のあらわれとみなされる。

印章は主に日本や中国などで使用されています。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。