認印とは三文判のこと 印鑑の呼び方あれこれ

認印とは、三文判とも呼ばれたりしますが、
印鑑にも色々な用語があります。

普段なにげなく認印や実印、シャチハタ、銀行印などと呼んだり使ったりしている印鑑ですが、調べてみると結構奥が深いものだったりします。


※印に関する主な用語には、それぞれ次の意味があります。

印・・・印章または印影であり、一定の権利・強制力を有するもの

判・・・印章や印影ではあるが、記号・情報としての機能しか持たないもの

印章・・・はんこの本体側。印材を加工・成形して作られる

印影・・・押された結果(インク側)

印鑑・・・照合用の印影


印章を用いて、紙面に印影を残すことを、押印(おういん)または捺印(なついん)と言い、「契約書に押印 / 捺印する」などというように使用されます。

印章の側面にあるくぼみは、「サグリ」という。

印鑑という名称について、しばしば印章(はんこ本体)と混同して呼ばれることがあります。

しかし厳密には実印や銀行印など、あらかじめ取引先に届け出ている印影を印鑑と呼びます。

便宜上、この登録の際に使用した印章も含めて印鑑と呼ぶこともあるが、なんらの届出をしていない印章まで印鑑と呼ぶのは避けるべきと考えられます。





ITmedia News:3色ボールペン&印鑑付きUSBメモリ発売――アイ・オー
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0412/15/news060.html
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37133170

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。