認印とは?その他の印鑑

日常生活では、認印だけでなく様々な印鑑が存在します。

普段あまり使わない印鑑のことも調べてみました。
認印だけでなく、その他の印章もTPOなど必要に応じて使い分けていく事が大切ですね。

今日は、普段あまり耳にする事のない、印章の
紹介です。


角印: 個人ではなく法人(団体)の請求書、領収書、契約書などに、社名や住所に付して確認のために用いられる角型の印。右縦書きで篆書体で「○○株式会社之印」のように彫られていることが多いです。

職印:ある職に就いている者が使用する印。司法書士などのいわゆる士業の一部は、その根拠法令において職印を作成し、登録するように定められています。
また、都道府県知事、市町村長、代表取締役などの印もこれに含まれると考えることができます。

公印:公的機関の印。
大阪市を例に取ると、「大阪市印」・「大阪市長之印」という角印が用いられている他、「大阪市北区長之印」など各区長の公印、また用途別に「戸籍専用」(住民票・戸籍の写し用に)などの文字を入れた物などが規則で定められています。

職印や角印の一種であると考えられます。天皇の御璽もまた公印になります。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。