印鑑の歴史 認印・実印・銀行印

認印とは三文判のことですが、印鑑にも色々あります。

認印・実印・銀行印など用途に分けて使う事が大事ですね。

今日は、印章の歴史について調べてみました。


●印鑑の歴史

印章は、紀元前5000年頃に古代メソポタミアで使われるようになったとされる。

当時は円筒形の印章を粘土板の上で転がすもので、認証の道具の一つとして使われていたようである。紀元前3000年頃の古代エジプトでは、ヒエログリフが刻印されたスカラベ型印章が用いられていた。それ以来、認証、封印、権力の象徴などの目的で広く用いられた。

日本では、西暦57年ごろに中国から日本に送られたとされ、1784年に発見された「漢委奴国王」の金印が最古のものとして有名である。

大化の改新の後、律令の制定とともに印章が使用されるようになったとされる。

律令制度下では公文書の一面に公印が押されていたが次第に簡略化されるようになり、中世に至り花押に取って代わられた。

しかしながら、近世以降次第に復活してゆき、明治時代には、印鑑登録制度などの実印の使用が法的に定められた。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37580754

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。