認印の書体 認印に最適なのは?

認印とは三文判のことですが、印鑑の書体にはどのようなものがあるのでしょうか?

印鑑は実印や銀行印、認印、シャチハタ、会社認印などいろいろありますが、使われる書体にも色んなものがあります。


●印鑑の書体による分類

印章としての機能は同じですが、用途によって書体を選ぶ傾向があります。
主に重厚な書体は法人印や実印として好まれ、可読性の高い書体は認印として好まれます。


篆書体 - 法人の使用する印に多く使われ、個人の場合は実印として使用されることが多い。

隷書体 - 可読性が高く、用途を問わず使われる。

楷書体 - 可読性が高く、認印のほかインキ浸透印に多く使われる。

行書体 - 可読性は比較的低いが、柔らかい書体のため使用されることがある。

草書体 - 可読性が低く、法人印として使われることは少ない。

古印体 - 日本で作られた書体といわれ、独特の線の強弱・途切れが特徴。可読性は比較的高く、用途を問わず広く使われる。

印相体 - 篆書体を変化させた書体。用途を問わず広く使われる。


様々な書体がありますが、認印ではそこまで書体にこだわることもないでしょう。実印や銀行印などにこだわりたいですね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37795322

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。